感謝の気持ち(Gratitude)

ZEN(禅)

禅宗の曹洞宗にしても臨済宗にしてもよく感謝の心を持つのが重要であると言います。報恩感謝であったり報恩謝徳という言葉がよく使われます。報恩感謝・報恩謝徳とは、受けた恩義や徳に対して感謝の気持ちを持ち、見合ったお返しをすることです。

ですが、なかなかそのいう気持ちを持つのも難しいものですが、考え方次第でそういった気持ちが持てるのではないかと思います。((´∀`))

昔喫茶店でバイトをしていた時、提供するのが遅くめちゃくちゃ怒られました。しかし怒られた事により、どうしたら早く提供出来るのかよく考えるようになりました。また、怒られないような言い回しを研究し、今でも仕事に生かされています。今では、その時怒った人に感謝しています(*´∀`*)

感謝とは自分の心次第だと思います。自分の心にゆとりがないと感謝も出来ないでしょう。お釈迦様も苦行をされたのですがそれでは悟りは開けませんでした。あらゆる苦しみは、自分自身の心が生み出していたのだと、言われています。

今日も仕事で怒られましたが、瞑想して心を落ち着かせようと思います( •́ .̫ •̀ )

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ
にほんブログ村

皆様もいろいろとあると思いますが、時々瞑想して心を落ち着かせてください(σ´・ω・)

禅ごよみ365日 毎日に感謝したくなる/枡野俊明【合計3000円以上で送料無料】

価格:1,980円
(2020/9/29 20:16時点)
感想(0件)


It is important to have a gratitude for both the Soto sect and the Rinzai sect of Zen sect. The terms Houonkansya and Houonshatoku are often used. Houonkansya / Houonshatoku is to have a feeling of gratitude for the grace and virtue received and to give back in proportion.

However, it is difficult to have that kind of feeling, but I think that you can have that kind of feeling depending on your thinking. ((´∀`))

When I was working part-time at a coffee shop a long time ago, I was very angry because it was late to serve. However, because of my anger, I began to think about how to provide it as soon as possible. In addition, I researched phrases that would not get angry, and I still use them in my work. Now I am grateful to those who got angry at that time (* ´∀` *)

I think gratitude depends on my heart. If you don’t have enough space in your heart, you won’t be able to thank you. Buddha was also penalized, but that didn’t make him enlightened. It is said that all suffering was created by one’s own heart.

I think there are many people, but please meditate from time to time to calm your mind (σ´ ・ ω ・)

コメント

タイトルとURLをコピーしました