(禅語)「和敬清寂」 〔一律10万円給付〕

ZEN(禅)

麻生財務相が、一律10万円給付について「あれは政府の借金、さらに増やすのか」と言い給付しない方針となりそうです。

10万円給付すると、さすがに財源をどこから出すのか問題になると思います💦

自民党はこれまで所得税や法人税を下げてきているのでそこは上げないでしょう。麻生大臣がおっしゃっているように国債も刷る気がないとすると、上げる所は消費税となるのではないでしょうか(-ω-)

消費税がこれ以上増えるとなると、貧しい方が死ぬまで苦しむ事になると思います。

日銭がないから出してくれと言っている方もいますが、銀行から借りればいいですし、借りれなければ生活保護などに頼る事も可能です🏣

Twitterで『給付して欲しいですが財源が心配です。東日本大震災以降(復興費用は約32兆円)消費税5%上げたので、今回のコロナショック(経済対策100兆円?)は最低消費税10%ぐらい上げそうです。消費税20%だとイギリスとフランスと同じぐらいになりそうです。。』と書いたら

『お金要らない人はふるさと納税や寄付をしたら良い。』とリツイートされました。

いやお金💰いらないなんて言ってないよ(#^ω^)

10万円あったら超ボラの激しいグロー株買って一攫千金めざします(笑)

寄付したらいいとありますが、以前のブログにも書いたように既に医療に寄付をしています😅

話を戻しますがコロナの対応でネット上では、麻生大臣や二階幹事長に対してすごい暴言が出ています。特に二階幹事長で検索すると『二階俊博 死刑』『二階俊博 ボケ』『二階 死んでくれ』などが出てきます😐

マスコミにも叩かれているので、それに応じて国民全員から袋叩きとなっているようです。

ただ、二階幹事長は和歌山選挙区でこれまで圧倒的に票を獲得して12回も当選されている国会議員というのも事実です😮

国会議員やっていない人にとっては、国会議員のつらさや怖さなどは分かりません。その人の痛みを分からない人はその人の苦労も分らないと思います。だから人の傷つく事も平気で言ったり出来るのではないでしょうか。

「和敬清寂」という禅語があります。

それぞれこのような意味があります。

「和」:心を合わせること

「敬」:お互いを敬いあうこと

「清」:清らかであること

「寂」:寂びた美であること

茶道でよく使われる禅語です。茶道で、主人と客が互いの心を和らげてつつしみ敬い、茶室の品々や雰囲気を清浄な状態に保つことを意味します。

二階幹事長のコロナの対応が酷いというのは分かりますが、さすがに死んでくれは言い過ぎです。国民全体の代表という事で、敬う気持ちも忘れてはいけないのではないでしょうか。

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ
にほんブログ村


仏教ランキング

タイトルとURLをコピーしました